段取りがすべて―①

どんな仕事にもいえることですが、段取りは大事です。
そしてツールの使いこなしも大事。お金はかかりますが、時間の節約ができ、新しい技術を学ぶことができます。

今回は、翻訳とはちょっと違う視点で、オールカラー(!)でお届けします。

バレンタインデーに合わせて、ハンカチに刺繍をしてみました。

用意したのは、チャコペン、溶けるクロスステッチキャンバス、麻のハンカチ。

毎度ながら、おたずねしたのはツイッターのフォロワーさん(@aiccio さん)です。
(図案もちょうだいしました。ありがとうございます!)

麻のハンカチどころか、クロスステッチキャンバス以外に刺繍するのは初だったので、まずは何ができるか考えてみました。
「抜きキャンパス」という商品もあるのですが、使いにくいというレビューを見たので、いったん「溶けるキャンバス」にしてみました。

でもこれ、ちょっとお高いのです。小さい刺繍ならいいけど、けちんぼなので、使い回してみようと思い立ちました。

「溶けるキャンバス」は、強度がそこそこあります。これをガイドにチャコペンで上から穴の位置を書いてみました。それからちくちく、始めてみました。
でも、「溶けキャン」がずれてしまって、穴の位置がバラバラ。わかります? この不揃いの穴・・・。
(ちなみに、チャコペンは百均の灰色を使ってみましたが、数百円するお高いペンがいいです。見やすいです。)

時間もかかりすぎていることから、もう「溶けキャン」を消費することにしました。
(このとき、ものすごく時間に追われていたのに、こんなに時間のかかることをやってしまって・・・私、本当に面倒な人・・・)

チャコペンを洗い流すのが手間だったので、そのままにして刺し始めます。
「溶けキャン」も「抜きキャン」も、きちんとしつけ糸で止めないとずれてしまいます。最初は下だけ軽く止めてみました。

今回のモチーフは、六つ子のトッティ。
@aiccio さんにお訊きして、糸の本数を調整してみました。
刺していると、やはり少しずつずれていきます。

ちょっとしたずれでしたが、仕上がりが気になったので、途中でしっかりしつけをかけました。
ちくちく、ちくちく。

酔い潰れたバージョンも。こっちは最初から「溶けキャン」を使っています。さすがのワタクシも学びました(笑)。

ということで、次回に続きます。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告

親指シフト08-私の現状

以前より少しずつ報告している親指シフト、今はこんな感じで使っています。

東プレALL30gで、真ん中と中指、あとは間違えやすい箇所に少しふっくらしたステッカーを貼り付けています(女性向けの雑貨が充実している100均で購入しました)。感覚的に指先でわかるのは、道具として使いやすいですね。

ノートパソコンにもこのステッカーを貼ろうとしましたが、ちょっと断念しました。
キーボードと画面が近すぎて、ステッカーの表面で画面を傷つけそうだったので・・・。

いまのキーボード環境にはかなり満足なので、これからは英語の勉強に邁進します。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

2018年の手帳-⑦

手帳本体がとんでもないことになったので、買い換えました。
今年からは革装A5サイズのシステム手帳です。
重たいです。家でゆっくりスケジュール確認をするための、備え付け用と化しそうです。
でも、お客様との打合せのようなフォーマルな場に行くときには、革装は「本気度」が出ますね(笑)。
(サイズ比較は眼鏡で。)

革のシステム手帳は、最初と最後にディバイダーを一枚ずついれることをおすすめします。最初と最後のページがぐずぐずにならないように。
このシステム手帳、重すぎて日常使いには向いていないのが難点。ちょっと中身を持って出たい時ってあります。そういうときは、こちらに入れ替えます。

六穴なのであくまでも手帳なのですが、ファイル感覚で使えます。私にとってルーズリーフは勉強用という認識なので、六穴だと勉強とは違う、という意識の切り替えができます。必要なところだけを入れて行くことができるので、楽ですね。
それと、クリアフォルダも入っているので、チケットやちょっとしたメモ、ぽち袋なども入れやすいです。

このプラ手帳、もう一つ色違いを持っています。
オレンジです。

これは、自分だけのプロジェクト用に使っています。
「スケジュール管理ではない」もので、パーソナルで使いたいけれど勉強とは違う、という位置付けの手帳ですね。
引き続き、ニーモシネも使っています。A4であれば、六穴パンチで穴を空けて半分に折って入れています。

今回、ご紹介したのはこちら。

本革システム手帳

A5サイズ 6穴 CRF-6H システムバインダー

手帳用 6穴パンチ

マルマン A5ニーモシネ 無地

マルマン A4ニーモシネ 無地

クリアの手帳は、最初と最後にディバイダーを入れる必要はなさそう、かな。
クリアフォルダは、A5の場合は縦方向に開いて、しっかり綴じることができるものがいいですね。メモなどを入れておく方は、書くときにガタガタしないように下敷き代わりのディバイダーがあると便利です。

皆さんも、お気に入りの手帳で新年のキックオフができますように。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

2018年の手帳-⑥

2018年の手帳は、これを使う予定でした。

ところが、です。
買ってまだ数ヶ月なのに、裂けてしまいました。

なんだか幸先の悪い感じがしましたので、さくっと買い換えました。
ピンクの方はまだ健在ですが、時間の問題のような気がしますね。
けっこう気に入っていたんですけど、残念。新しい手帳が届いたら、ご紹介します。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

2018年の手帳-⑤

今回は手帳についての番外編です。
前々から万年筆については語っていますが、最近のラインナップをご紹介します。

セーラー万年筆 プロカラー500 透明感万年筆(中細)
プロフィットST /ブラック 14金 万年筆(中細)

インクの濃淡が欲しかったのと、書き心地を重視したので、いずれも中細にしました。
インクは以前もご紹介した、STORIA。水に強いので、カフェなどでも気にせず書けます。

プロカラーとプロフィットはペン先の素材が違うので、同じ太さでもちょっとタッチが違う気がします。プロフィットの方がペン先が柔らかく開くので、若干ですが太くなりますね。迷いましたが、LIONという柔らかい色を使うことにしました。このラインナップでは、やはりプロフィットが一番気持ちよく書けます。
プロカラーは感触が固く、長く書き続けると肩が凝る気がします。特に薄い紙とは相性があまりよくないのですが・・・このあたりはまだ迷っているところです。手帳の紙を厚手のものにするかもしれません。

この紙は、maruman Spiral Noteです。marumanの紙はどれも上質で、量より質を意識し始めてからはmarumanを使うことが多くなりました。大人のクリエイティブ・マインドを刺激してくれる、素晴らしい商品が多くて大好きな会社です。

来年もしばらくはこのラインナップでいきたいと思います。
○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

気になる裁判-①

コロラド州である裁判が話題になっています。

FREE SPEECHは民主主義では必ず守られるべき権利ではあるのですが、他者の権利を害するかどうか、という点を「比較考量」することがよくあります。今回は、同性婚の人の権利と、ケーキ屋さんの「表現の自由」がバッティングしたケースですね。

日本の裁判ではありませんが、裁判の行方がとても気になります。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。