親指シフト06-問題点

親指シフトを導入して数ヶ月が経ち、問題点も見えてきました。
先に導入後についても書いているので、こちらをご参考に。

今回は、yamabukiを使ってみて感じたことをまとめます。
(ESPRIMO+Win10+JISキーボ+yamabuki+ATOKです。)
他のソフトで親指シフトをやっていないので、この環境についてのみの検証です。

1. JISキーボを親指シフトにしているため、キーの文字が実際に表示されるものと違う。

これは当たり前なのですが、最初はキーボードをつい見てしまいました。
すぐに「キーボードを見ない」ことに慣れましたが、キーの文字と表示が違うという違和感はぬぐえません。

2. アルファベットを入力すると、右手側がずれている

これも当たり前なのですが…
yamabukiで日本語入力モードの状態→Shiftを押しながらローマ字入力をする→Shift+右手の1打鍵目が1つずれている

2打鍵目は、ずれません。これがまた混乱の元で…
たとえば、「PORK」と入力したいとき。
Pは右手の位置にあるので、Shift+@を押します(ORKはそのままキーの表示どおりに入力できます)。
Oも右手の位置にあるので、1キー分ずれそうなのですが、この単語だと2打鍵目なのでずれません。
覚えてしまえばどうということはないですが、右手で始まる単語で、なおかつ1打鍵目だけがずれるというトリッキーさがトラップです。
おとなしく、入力を英字にするのが一番なのですが、急いでいるときは日本語入力のままでアルファベットを打ちたくなるもので…
いまのことろは頭の体操と思って割り切っています。脳みそがついていかなくなったときのことは、考えないようにしています。

3. 対応していないソフトが増えている?

時々、チェックのお仕事をすることがあります。
パワポにメモを書くことも多いのですが、ADOBEで入力できないことがありました。
私はチェックをすることはいまのことろ多くないのですが、大量になさる方は本当にどれだけやっても終わらない、と聞きます。そういう方がいちいち、他のソフトに入力してからコピー&ペーストするのは辛いと思います。
せっかく、指先のバタバタ感から解放される親指シフトなのに、もったいないですよね。

4. 「負の遺産」と揶揄される

私は相手にしませんが、実際に言われたことはあります。
「人類全体の負の遺産からすると大したことはないし、個人的な趣味の問題でしかない事柄に口出しするのは愚の骨頂」と言い返しています。
それでもSNSで絡まれる場合は、ブロックすることもあります。
する方もされる方もいい思いはしないので、できるだけ個人の趣味へのお説教はしないでください(笑)。

ここで挙げた中でも、3.は少し深刻かもしれません。
先日、親指シフト仲間さんとお会いしたときにお話を聞くと、Japanist2003のWin10対応もどうにかこうにか、という感じだとか。

(実は今年、職場でFUJITSU FKB7628-801を入れてもらいました。そのときにもJapanist2003を入れることなく、キーボード接続とIMEで動いています。)

今、考えつく問題点はこれくらいでしょうか。
ソフトの対応以外は自分の慣れで割とカバーできるのですが、説明のためにこうして文字にするとややこしく見えますね。
今の私にとっては、ローマ字入力が遅くなったということと、自分のノーパソ端末(Lenovo)をオンサイト先で開くのが恥ずかしい、というのが一番かもしれません(Lenovoもシール・デ・親指シフトにしています)。

キーボードについてはまた次回、まとめます。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告