基本を大事に

今回は茶道の話を。

以前もお話しましたが、私の趣味は茶道で、引っ越しやら人生の過渡期やらありつつも細々と続けています。
以前は華道もやっていましたが、今はお休み期間にしています。両方とも教える資格を持っているので、中堅くらいにはなるでしょうか・・・と威張って言いたいのですが、お稽古事はみなさん長くなさるので、私はまだまだひよっこです。どなたかに教えることもありません。そもそも、知らないことばかりです。

以前お稽古をつけてもらっていた茶道の先生がお亡くなりになり、いろいろと迷った末に、新しい先生のところでこの春からお稽古を始めることになりました。

同じ流派なのですが、先生の教え方はさまざまです。
ただ、どの先生も一貫しているのは、「基本を大事に」です。

先日、この新しい先生宅お稽古では、足さばきだけをやりました。
立つ。歩く。座る。
これだけを何度も確認しました。私が下手すぎて、お茶とお菓子をいただくまでが長かったです(笑)。

先生方は、家元に直接指導を受けている、宗匠と呼ばれる方に教えてもらうのですが、この宗匠の指導の一番重要な点が足さばきです。お茶を点てることや点前ではないんですね。もちろん点前も大事なのですが、お辞儀、足さばき、ご挨拶、水屋仕舞など、基本ばかりを指導されます。

ところで、千家流の茶道の考え方の根本は、「戦国時代」です(現代茶道の基本は江戸時代に大成されましたが、このあたりは複雑なのでまたいつか別の機会に)。

今と違い、戦国時代は「明日の命もわからない」時代。今日会えた人とは明日には永遠のお別れが待っているかもしれません。
ということは、せっかく会って時間を一緒にすごす方には五感を使ったすべてが「ごちそう」となります。
口に入れるものだけでなく、庭木、道具、花、点前の所作すらも。
「明日の命もわからない」のですから、当然ですね。
もてなす側も、何もかもに磨きをかけます。

きれいな足らばきや釜の湯が沸く音(炭を使うので、さらさらとした音がします。茶道ではこの音を指して、「松風の音」といいます)に気持ちを集中して、お茶をいただく。日常とは異なる、緩急をつけた空間を演出し、お互いの一瞬の繋がりを大事にする。
主にとっても、お客様のお顔を拝することができるだけで「ごちそう」であり、客からの最高の「もてなし」なのです。

こう考えると、基本は大事です。
基本ができていないと、「ごちそう」にはなりえません。掃除もしていない家に、お客様を招くことがないのと同じです(私は掃除が苦手なので、かまわずにお呼びしますが・・・笑)。
特に、お点前の上手なベテランさんほど、基本の所作を大事にします。新しい初心者さんが入門すると、必ず先生との割稽古(本格的なお点前をする前にやる、先生と一対一で行う部分練習)を凝視しています。

語学や翻訳も同じで、基本を常に大事にする必要があります。
「わかっていることだから」「できることだから」と思わず、丁寧に基本のキ、をやる。
辞書を丁寧に見る。
もう一度、初心に戻ってみる。
他の方の話をじっくり聞く。
基本のキと、学ぶ姿勢が大事なのだと強く感じます。

先日は思わぬところで足さばきばかりに時間を取られた私ですが、おそらく次回も基本的なところで躓くと思います。
「うう・・・はやくお菓子をいただきたいです・・・」と思わずに、先生のご指導に従い、真剣にお稽古しようと心新たにしました。

でもやっぱり、お菓子を先にいただきたいですけどね!(←やっぱり・・・)

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告

いつも真剣勝負で

今回は、以前、「おお!」と感じた言葉をご紹介します。

ギャラリーでも触れたことのある、秋山真志(「職業外伝」著者)さんはとても言葉を大事にされる方です。
秋山さんは常に「自分が書くべきこと」「自分だからこそ書けること」を念頭に置いて、お仕事に向き合っています。
彼の言葉の中でも、私の心を打ったのはこちらです(ご本人の承諾を得て、過去の文章から抜粋しています)。

—★—・・・—★—・・・—★—・・・—★—・・・—★—・・・—★—・・・

大体、作家と編集者というのは「命のやり取り」をするのである。作家を見ると、部数をはじき出す編集者や営業の顔色ばかり窺っている編集者がいるが、ぼくはそんな相手とは「命のやり取り」をしたくない。真剣勝負なのである。

—★—・・・—★—・・・—★—・・・—★—・・・—★—・・・—★—・・・

翻訳者も、一回が「真剣勝負」です。でも、自分の仕事を振り返ってみて、思いました。

自分の仕事で、「命のやり取り」をしているかな?

作家さんと編集者という関係は世間的にはとても特殊のようですが、翻訳者も文章を練る仕事です。どこかで「自分の命をこの仕事に吹き込んでいるか?」「命のやり取りをしているか?」と意識しなければ、いつまでも三流の仕事しかできないのでは?と感じました。

なにを大げさな、とお思いの方もいるかもしれませんが、言葉ひとつで人生は大きく変わるもの。特に文章で商売をしているのならなおさらです。
真剣勝負で翻訳と言葉に向き合うという気概を、自分に対して常に問いかけよう、と思いました。

秋山さんの著書、「職業外伝」は、過去の職業の方にじっくり向き合った名著です。
私は大事に少しずつ、味わいながら読んでいます。
今はなくなりつつある職業を偲びながら。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

【お仕事紹介】ギリシャ大使と

先日、TORAELさまのお仕事で、ギリシャ大使とお目にかかりました。

「ギリシャを売り込むビジネスマン」として、奮闘してらっしゃいます。

地中海やギリシャの政治・経済・歴史にいたるまで、とてもお詳しく、私はお話を伺うだけで精一杯でした。

今回、私はTORAELさまの教材に使用するインタビューを担当しましたが、リリースは少し先になります。

私も今から楽しみにしています。

ところで、TORAELさまのトレーニングは、2日でウォールストリート・ジャーナルを読みこなすことができる、というものです。語学での苦労はまだまだ続く私なので、これはちょっと驚きです。今度、トレーニングに少し参加させていただけそうなので、こちらも楽しみです。

2016-06-14

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

昔のことばを伝えること

親指シフトの話題が続いたので、今回からは少し違うトピックスを。

先日、お茶のお稽古でのことです。
床の間のお花が、しもつけとりょうぶでした。

しもつけは5月によく目にしますが、りょうぶは珍しいです(茶花はなかなかお花屋さんでも売っていないので、みなさんおうちで育てていることが多いですね)。
そもそも、「りょうぶ」という名前を聞くことすらないので、私はぽかーん、でした。

「珍しいお花ですね」
と社中の先輩に言うと、実は私たちがよく聞くことばに出てくるとか。

「ぼうずがじょうずにびょうぶに・・・」
という早口言葉(?)を耳にしたことはありませんか?
あれは、「坊主が上手に屏風にりょうぶの絵を描いた」、だそうです。
私の地方では、「坊主が上手に屏風に坊主の絵を描いた」と伝わっていたので、びっくりでした。

実は、「『坊主』がこんな短い言葉の中に2回も出てくるの?変じゃない?」と子供心に疑問符でいっぱいだったので、その謎も解けてすっきり!

私がお稽古する千家流では、書物がほとんどありません。
理由は、「日々のお稽古で先生からの口伝が基本です」ということのようです。
ただ、口伝も善し悪しがあり、長い期間でことばが変わることもあります。
私の地方で伝わっていた「坊主」が2回も出てくるのが、まさにそれですね。私の記憶違いかと思っていましたが、同県出身の家族に訊いてみても、やはり「坊主2回」で覚えていたそうです。明文化しておけば「りょうぶの絵を描いた」として正しく伝わったのかも、というのは一理あると思います(もっと言うと、最初は「りょうぶ」ではない、ほかのものだったのかもしれません。もう現代では見られないなにか別のものが、いつの間にか「りょうぶ」にすり替わっていた可能性もありますね)。

でも、こうしたことば遊びを明文化したところで、人々の間に伝わって残るかというと・・・こちらもまた疑問です。
口伝だからこそ残った、とみる方がしっくりきますね。
だとしたら、口伝でも明文でも、言葉を伝えるのはなかなかにして難しいことなのかもしれません。

今回はたまたま私が先輩にお尋ねし、先輩も嫌がらずに教えてくださったので、長年の疑問が解けたのですが。
口伝と言葉の難しさを感じつつ、お稽古に出かけて人と会い、ひとつひとつを確認する、という大切さを学びました。誰かと簡単な雑談をするだけで、自分の長年の謎が解けるって、すてきなことだなあと。

りょうぶ、かわいいお花です。
しもつけとよく合っていました。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

親指シフト07-私の現状

さて、今回で親指シフトの連載はいったん最終回です。

現在、私は東プレのall30gを使用しています。正直、慣れるのに時間がかかります。軽いのですが、肩に余計な力が入っている気がして・・・。でも、指先に伝わる感触は柔らかいので、手にはいいと思います。
ただし!all30gは軽すぎて、ちょっと指を置いているだけでキーを連打してしまいます。うーん、これにはなかなか慣れるのに時間がかかりそうです。

東プレ開封の儀
東プレ開封の儀
iBUFFALO ゲーミングキーボード
iBUFFALO ゲーミングキーボードと比較

シール・デ・親指シフトを使っていたキーボと、東プレを比較してみました。
厚みが全然違います。重いですし。

東プレはカラーキー(着せ替えキー)があるので、それを使えばホームポジションをわかりやすくできそうです(私はまだシール・デ・親指シフトです。東プレさん本体がお高いし・・・)。

ちなみに、シール・デ・親指シフト初号機くんは親指シフト仲間さんに差し上げました。
こちらがその時の様子。白いのは東プレではなく、別のキーボです。これも大好きで、ながらく使っていました。メンブレンの、スタイリッシュな機器でした。

親シフお仲間さん会
親シフお仲間さん会
スイーツ
スイーツ

シール・デ・親指シフトは、私のLenovoでもやっています。オンサイトのお仕事で気恥ずかしい思いをする上に、先様のパソコンでローマ字入力をしながら親指シフトもやるのは混乱するのですが・・・。誰も見ていないので、よしとしています(笑)。

連載中に何度か書きましたが、Japanist2003はどの端末でも使っていません。
特にメイン2台(Esprimo・Lenovo)では、ATOKに共同通信ハンドブックを入れているためです。
今のところ、私の作業環境はyamabuki・ATOK・共同で固定です。まだまだちんたら打っているので、yamabukiで対応できないと言われるトップスピードは、私には出せません・・・。

ところで先日の「親指シフト仲間の会」(仮称)では、富士通のFKB7628-801についても話題になりました。
私は職場でFKB7628-801を使っていますが、ソフトを入れていなくても問題なく動いています。親指シフトにはJapanise2003がないとだめなのでは?というご質問をよく受けますが、少なくとも私の環境(Lenovo+Win8端末)では使えていますので、ここでご報告を。

※2016/12/03 職場のキーボード環境を確認したところ、yamabukiを入れていました。orz配列にせず、そのまま使っています。

ということで、親指シフトの連載に長々とお付き合いいただきました。
次回からは違うトピックで更新しつつ、時々、親指シフトについても書いていきます。
できれば、文筆・翻訳関連のことを中心に。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。