基本を大事に

今回は茶道の話を。

以前もお話しましたが、私の趣味は茶道で、引っ越しやら人生の過渡期やらありつつも細々と続けています。
以前は華道もやっていましたが、今はお休み期間にしています。両方とも教える資格を持っているので、中堅くらいにはなるでしょうか・・・と威張って言いたいのですが、お稽古事はみなさん長くなさるので、私はまだまだひよっこです。どなたかに教えることもありません。そもそも、知らないことばかりです。

以前お稽古をつけてもらっていた茶道の先生がお亡くなりになり、いろいろと迷った末に、新しい先生のところでこの春からお稽古を始めることになりました。

同じ流派なのですが、先生の教え方はさまざまです。
ただ、どの先生も一貫しているのは、「基本を大事に」です。

先日、この新しい先生宅お稽古では、足さばきだけをやりました。
立つ。歩く。座る。
これだけを何度も確認しました。私が下手すぎて、お茶とお菓子をいただくまでが長かったです(笑)。

先生方は、家元に直接指導を受けている、宗匠と呼ばれる方に教えてもらうのですが、この宗匠の指導の一番重要な点が足さばきです。お茶を点てることや点前ではないんですね。もちろん点前も大事なのですが、お辞儀、足さばき、ご挨拶、水屋仕舞など、基本ばかりを指導されます。

ところで、千家流の茶道の考え方の根本は、「戦国時代」です(現代茶道の基本は江戸時代に大成されましたが、このあたりは複雑なのでまたいつか別の機会に)。

今と違い、戦国時代は「明日の命もわからない」時代。今日会えた人とは明日には永遠のお別れが待っているかもしれません。
ということは、せっかく会って時間を一緒にすごす方には五感を使ったすべてが「ごちそう」となります。
口に入れるものだけでなく、庭木、道具、花、点前の所作すらも。
「明日の命もわからない」のですから、当然ですね。
もてなす側も、何もかもに磨きをかけます。

きれいな足らばきや釜の湯が沸く音(炭を使うので、さらさらとした音がします。茶道ではこの音を指して、「松風の音」といいます)に気持ちを集中して、お茶をいただく。日常とは異なる、緩急をつけた空間を演出し、お互いの一瞬の繋がりを大事にする。
主にとっても、お客様のお顔を拝することができるだけで「ごちそう」であり、客からの最高の「もてなし」なのです。

こう考えると、基本は大事です。
基本ができていないと、「ごちそう」にはなりえません。掃除もしていない家に、お客様を招くことがないのと同じです(私は掃除が苦手なので、かまわずにお呼びしますが・・・笑)。
特に、お点前の上手なベテランさんほど、基本の所作を大事にします。新しい初心者さんが入門すると、必ず先生との割稽古(本格的なお点前をする前にやる、先生と一対一で行う部分練習)を凝視しています。

語学や翻訳も同じで、基本を常に大事にする必要があります。
「わかっていることだから」「できることだから」と思わず、丁寧に基本のキ、をやる。
辞書を丁寧に見る。
もう一度、初心に戻ってみる。
他の方の話をじっくり聞く。
基本のキと、学ぶ姿勢が大事なのだと強く感じます。

先日は思わぬところで足さばきばかりに時間を取られた私ですが、おそらく次回も基本的なところで躓くと思います。
「うう・・・はやくお菓子をいただきたいです・・・」と思わずに、先生のご指導に従い、真剣にお稽古しようと心新たにしました。

でもやっぱり、お菓子を先にいただきたいですけどね!(←やっぱり・・・)

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告