【レポート】TORAELさんの講座

先日、以前もご紹介したTORAELさんという会社の講座を受講してきました。
2日でウォールストリート・ジャーナルを読めるようになる、ということなのですが・・・
正直、半信半疑でした。
なにせ2日ですからねえ・・・

場所は東京都内のオフィスの一室です。
会議室での開催でしたが、後ろにはこんな無料のコーヒーとお菓子が!
はい、調子にのっていただいてきました。

研修1
研修1

さて、講座の内容ですが、ペンを使って英文を色分けしていくという手法です。
言われるがままに作業をすると、英文の骨子が見えてきます。
すると、あらふしぎ。複雑だった文章がすっきり見えてきます。
演習もたっぷり用意されているので、たった2日でも大丈夫。複雑なWSJの英文を読めるようになります。

研修2
研修2

この講座を受講するには、以下を念頭に置くといいかも、と思いました。

・5文型と前置詞(ベーシックな用法のみで可)を知っていること
・演習が必要(量をこなして手法を身につける必要があります)
・アウトプット(書く・話す)は別のトレーニングが必要

5文型は色々と批判もあるようですが、やはり日本の英語教育の要です。この講座でも、5文型と前置詞は重要視していますので、先におさらいしておくといい気がします。

当たり前ですが、演習をたっぷりやらないと、身につきません。これはどんなことをやるにしても、ついてきます。Quantity makes quality!ですね。

アウトプットについては、この手法で基礎を構築しておくと、かなりスムーズだと思います。
リスニングやスピーキングも、飛躍的に伸びそうです。
アウトプットは、質のいいインプットが一定量なければできません。
リスニングができないと、話すことはできません。読めないと書けません。とにかくインプットがなければ、語学の第一歩は踏み出せないのです。

そして、講習中の演習はブートキャンプ並みです(笑)。
フォローアップ教材(一部有料)もあるとのことでしたので、受講後も自宅で地道に練習できます。

ちょっと大変ですが、そしてご参考になったかどうか自信がないのですが、ぜひ受講してみてください。

TORAELさんのサイトは、こちらから。

広告