慣れの問題

最近、さまざまなお仕事をいただいています。
多種多様なので、目まぐるしいです。
初めて経験するような業務内容もあり、正直、不安な面も多々あります。

話は変わりますが、フリーランスが直面する問題で、単価が上がらないという点があります。
仕事がなかなか進まず、単価が下がるばかり。
私はこういう時、自分のデータを見直します。

翻訳者になってから、どれくらいのスピードで訳すことができているか、エクセル管理しています。
私が作っているものは簡単な表ですが、先輩翻訳者さんたちはかなり本格的なものを作ってらっしゃいます。

最初の頃と今を見比べると、最初はとっても遅いんですね。
私はその案件に対する単価も出していますが、やはり新規案件はとんでもなく安い時給です。どこのブラック企業だよ!と言いたいくらいに(笑)。

最初は四苦八苦していた案件も、今では短い時間で終わるようになっています。その分、見直しに充てられるので、気持ちが楽です。残った時間でどれくらいのものを追加で受注できるかもわかるのは、自分にも先方にもいい結果をもたらします。

何より、自分の成長をデータで目にすると、説得力があります。
自信がなくなりそうなときは、ただデータを見るだけでも気持ちが落ち着きますのでオススメです!

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告