お金をかける

今年、一念発起して、ちょっと高めの講座に申し込みました。
大学生協からでも申し込めるという、ある大手予備校のレッスンです。
悩みに悩んで、何度も学校に電話をかけて、家族とも相談に相談を重ね、ようやく決心しました。

実は今年、家族がちょっとした病気にかかり、入院生活を余儀なくされることに。医療はとても進んでいて日数が少なく済み、おまけに高額医療費の適用を受けたので少し安心したのですが・・・それ以外でも今年は出費が多かったので、これ以上お金が出ていくのは苦しいところ。
ただ、今やっておかないとまた数年先に延ばすことになりそうだったので、今年できることを思い切ってやることにしました。

大きな判断をするとき、私が重視しているのは「時間・労力・お金」の3点セットです。今、通っている翻訳講座はとても遠く、片道2時間かかるのですが、それでもこの先生のレッスンを学びたいと思い、気合いを入れています。レッスン自体は高額ではありませんが、「時間・労力」がとても要求されるので、とにかく一度たりともお休みできない、と肝に銘じています。他の方は大学の先生や翻訳・通訳者さんで、英語の現場についてのお話を聞くことができます。お金では買えない有意義な時間は、フリーランサーにとってありがたい限りですね。

大手予備校のレッスンは来週から始まりますが、これまでの翻訳講座とは比較にならないほどの「時間・労力・お金」を要求されます。しかも資格取得目的なので、本当に受かるのかという不安を抱えたままのスタート。怖いですね。

でも、私はやはり身銭を切らなければダメなタイプのよう。
勉強するために仕事をする。そしてまた勉強して新しい仕事を発掘する。
その繰り返しが好きなのかもしれません。

ということで、これからまた新しい世界に飛び込もうと思います。
もちろん、翻訳のお仕事も引き続きお請けしています!

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告