うまくなる人、ならない人

私の趣味は茶道で、高校生のときに始めました。ずいぶん前ですね・・・。

茶道は敷居が高く、あの小さい茶室の中でいったいなにが行われているか、すべてを見たことのある方は少ないでしょう。
茶道の最終目標は、茶事の主催です。茶事は、亭主と客が一体となって数時間を過ごす行事なのですが、これはとても複雑なので今回は割愛します。

さて、茶道のお稽古を重ねていて、気づくことがあります。
同じ時間をかけても、上手くなる人とそうでない人とがいる、ということです。
(お茶を習う仲間はずっと同じメンバーなので、数年後の成長がわかりやすいのです。)

お茶のお稽古は茶事をするための「割稽古」です。割稽古(わりげいこ)とは、すべてを通しでやらず、一部を抜き出す、部分稽古です。

この割稽古、ベテランさんになるほどに大事にします。初心者の方の割稽古を、茶歴数十年の方が熱心に見ていることがありますが、なんども目で追って自分でも所作を磨いていきます。こうした先輩方はよく、「最初のことは忘れるから、新しい方が入ってくれると一からお稽古できて嬉しい」と言われます。

お茶の世界は30年でようやくひよっこと言われるほどで、いつまでも学ぶ姿勢が問われるお稽古事です。
上手な方は、他の方のお稽古については食い入るように「見て」います。間合い、捌き、お湯の温度、お茶の練り、様々な点から常に学ぶ姿勢を崩しません。

先ほども述べたように、普段のお稽古は「お茶事のための割稽古」です。自分の持ち時間はせいぜい20分程度で、あとはお茶やお菓子をいただくだけ。その条件はみんな同じです。
ではどこで差がつくか。
「見る」ことです。
私たちはこれを「見稽古」、「拝見」などといい、自分が点前をするのと同等と位置づけています。
「見る」点は様々にあり、自分の成長によっても変わってきます。

ただ、基本はやはり「見る」、「自分を振り返る」、「所作をより良くする」、この3点に尽きる気がします。
何度でも初心に返ることで、うまくなるかならないかの差がついています。

仕事でもそうですね。
同じ仕事環境にいても、「反省すべき点を反省」し、「次に生かす」ことができている人は、成長が早い気がします。
納品する前のチェックを、もっと工夫できないか。
仕事環境をより良くできないか。
見直す点は多々あると思います。

私にとっての当面の目標は、「いかにきれいなデスクを保つか」(笑)。
予備校の授業も始まったので、これがなかなか難しい! やり散らかす毎日、反省の日々です!
今年の翻訳祭に参加しますので、「どうやってデスク周りをきれいに保つか」というトピックが出ると嬉しいです。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告