今年のお仕事

今年1年を振り返ると、報道と契約書関連が多かった気がします。
報道とはいってもスポーツは契約が絡む話が多く、特に海外の記者さんは契約書をよく読み込んでいます。そういった方々の翻訳となると、リーガルの知識が欠かせません。

私が今年から通い始めた法務系予備校は、憲法にかなりの時間を割いているのですが、あくまでも日本国憲法です。当たり前ですが、海外の憲法ではありません(といっても、海外の憲法についてや、法律の歴史も多少は学ぶんですが)。

それでも、自分の中で法律の基準があるのとないのとでは、大きな違いを感じます。
契約書の根幹となる民法も、裁判が大きく絡む行政法、国賠(民訴)も、すべて日本国憲法の下にあります。この予備校を選んだ理由は、憲法の判旨を詳しく学ぶことができるという一点に尽きます。

年明けからは憲法を終え、民法に入ります。1000条を超える膨大な民法、そして明治期から(日本国憲法制定は戦後なので、判例の蓄積年月が浅め)の膨大な判例を読んでいきます。
リーガル翻訳に直接絡む箇所なので、丁寧にやっていきたいと思います。

今年はこのサイトを開設し、ネタがないと言いながらも毎週どうにかアップすることができました。
来年もこの調子でどうにかこうにかアップしていこうと思います。勉強も少しずつ進めながら。

では皆様、よいお年をお迎えください。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告