2017年の手帳

ここ数年、手帳はネット上のものを使っていました。
ところが、それだとなかなか入力しないということに気付きました。
定期的な予定は入れておくんですが、小さい予定までは記載しない。そしてインターフェースが見づらいので、記載しても見返さない。
結果として、予定を忘れてしまいます。

私にとってネットスケジューラーが少し役不足であることにようやく気付いたのですが、自分が手帳に求めるものがよくわかりません。
ひとまず、万年筆でも使える紙質、できれば一日一ページあること(その日やりたいことを箇条書きにしていく)、という条件だけは頭の中にありました。
この時点で選べるのは、ほぼ日手帳だけ! ということにすぐに気付いた私は、迷わず買いました。
だいたい2ヶ月くらいで使わなくなる私ですが、予備校の勉強まっただ中なので、スケジューリングのために使わなくては。
翻訳のお仕事も増えていますし、自分のスケジュール管理ができていないといろんな方にご迷惑をおかけすることにもなります。

私は限定のカバーにPILOTの万年筆をセットして使っています。
薄いのに裏写りなく、万年筆の滑りがいい! この感覚は感動的です。
PILOTのフェルモは、堅い極細好きな私からすると少し太めです。でもその分、しっかりした書き心地で、インクフローもよく、濃く見えます。

私はなかなかスケジューリングできないタイプなのですが、今年はかかる時間を先に決定し、頭の中で全部の作業をやってどれくらいかかるかイメージするようにしました。
書き出した時間だけ、集中すればいいのですから、お尻がわかってスケジュールしやすいかな、と。だらだら作業なり勉強なりを続けることこそ良くない! とようやく悟った2017年です。

2017-01-31

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告