違う角度から学ぶ。(受験生、がんばれ!)

法学系予備校に通っている私ですが、この予備校のクラスで、毎回開始前にミニテストがあります。
出題は、センター試験現代社会という参考書から。
最初の方は、基礎法学や憲法の知識なんですが…。そして私たちはすでに憲法から民法に入っているので、楽勝でわかっていることがらけのはずなのですが…。

これがなんだか難しい!
確かに、私たちのクラスではかなり判例に目を通してきましたが、出題傾向が違うとこんなにも問題が難しくなるんだ…。
本当に驚きです。
でも、同じ項目の説明でも、予備校の授業とセンター試験の問題とでは、まったく視点が違うんですね。両方でカバーできるので、本当にこのミニテストには感謝しています。

といっても、毎週このテストに追われているので、かなり苦しいのも事実。
私は日本の大学を受験していないので、こうした勉強もこの年で初なんです。なんだか新鮮です。みんなすごい勉強をしてきてるんですね…。

今さらですが、日本の大学生、そして受験生に尊敬の眼差しです。
みんな、がんばれ!

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告

筆記具とブレスト

先日、手帳について書きました。
その続き、筆記具編です。

あれから新しい万年筆を使い始めました。
ただし、インクは同じものを使っています(Pilot 色雫 孔雀)。太さがほぼ同じなので使いやすいのですが、このペンのキャップがバッグの中で外れるんですね。
これにはちょっと困りました。バッグは家でも洗えるようにKiplingまたはLesport Sacを使っていますが、それでもあまり汚したくはないです。
万年筆については、やはりキャップレスがいい気がしました。

万年筆のインクをいろいろと探していましたが、セーラー万年筆から出ている、顔料ナノインクだと裏写りしにくく使いやすいようです。
早速、ボトルで買ってみました。
確かにこれは裏写りしにくいし、蛍光ペンで上から書いてもにじみません。使いやすい! おまけに目詰まりしにくい!
難点といえば、いまのところ2色しかない点でしょうか。色が充実すると楽しいですね(別ラインのStoriaなら、多色で販売されています)。

以前、ある方の主催で、GTDというタスク整理のやり方を学ぶという講座に参加したことがあります。
手書き(もしくはデジタル)でやるべきことを片っ端から書き出すという手法なんですが、私はデジタルよりも手書きだと脳からタスクを引き出しやすい気がしました。すらすら書ける万年筆だと、気分的にもっとやる気が出ます。一週間に一度はスケジュールをじっくり確認するのがいいそうですが、私は一日一回やります。やるべきことがその日によって変わるので…。

やるべきことがわかると、スムーズに作業できます。
まずは全体像を見渡して時間配分をするのですが、その全体像をどう出すか、という点についてはやり方がそれぞれあると思います。私は万年筆ですが、Google Keepなどのメモソフトを使ってブレインストーミングするのもよさそう。
色々試してみて自分に合ったやり方を見つけることが、仕事管理の最初の一歩かもしれません。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。