日課の設定

英訳の案件では、ITと法務をプラスした分野での受注がほとんどです。
英訳は好きなのですが、毎日やらないと鈍る気がしました。使わないとダメなのは当然ですね。

少し話は逸れますが、通っている法学系予備校で、六法の音読をやるように、という通達が今年の夏以降にあるそうです。音読する法律は限られていますが、毎日やって、「リズムと音感」で条文を頭の中にたたき込むということです。
実は私も憲法については半年ほど毎日音読していたので、条文を一部変えている問題が出ると、「なんとなく音が違う」という感覚で解けるときがあります(音読だけでは解けない問題も多いですが…)。

文章というのは、感覚でモノにする部分が多かれ少なかれあるのではないでしょうか。
毎日ちょっとだけ翻訳の練習をする課題を自分に課していますが、最近、和訳と英訳を設定し直してみました。それと、音読ですね。文法や辞書といった論理的な考察と併せて、感覚を磨いていくことも重要な気がします。

社会人なので時間がとれないこともあります。なので、無理のない範囲で少しずつ、毎日やれる分量を設定しています。できるときでも、多くやり過ぎない。多くやったら、「昨日こんなにやったから今日はいいや」という怠慢な気持ちや、「昨日よりも多くやりたいな」という傲慢な気持ちが芽生えてしまって、どうもペースが崩れがちになります。コツコツ毎日、多少の差はあれど同じくらいの分量、というのが私にあった課題の進め方のようです。
とはいえ、このやり方も今だけかもしれませんし、しばらくして自分の弱い箇所が新たにわかってきたら、またやり方を変えるかもしれません。その時その時で、見直しながら課題を考えていきたいと思います。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告

体に入れる

茶道の世界では、「体に入れる」とよく言います。茶道の所作は考えているだけではできないことが多く、なんどもお稽古を繰り返して、自然に体が動く状態にする。座っただけで、あの間合いやリズム感をもつ所作ができる。「体に入っている」状態とは、この感覚を言います。おそらく、仕舞いや歌舞伎も同じような言葉で表現するのではないでしょうか。この意味では、茶道はパフォーマンスに近いですね。

言語でも同じことが言える気がします。
言語の習得には音感が大事、と言われますが、「体に入っている」状態をたやすく体得できる人は音感のいい人、という方が多いですね。

では、感覚を掴むには、どうするか。

当たり前のことですが、量をこなす、それしかない気がします。
私が学生の時、英語の先生のお宅に通って英語をマンツーマンで習っていました。なかなか上達せず、ダメな生徒だったのですが、「量は質を変える」と何度も言われて頑張ることができました。今でもこの言葉を信じています。でも考え無しの「量」では「質を変える」ことはできない、というのも当然です。考えながら、量をこなす。時に立ち止まりながらでもいいので、とにかく続ける。
無骨にやり続けることで、どうにか道が開けるのではないでしょうか。

「体に入れる」状態になるにはなかなか到達できないものですが、気付くとできなかったことができているようになっています。茶道を始めたばかりの頃は、何にしても拙く、論理的に考えることができませんでした。今もあまり上手くはないですが、当時からすると進歩しているとは思えます(笑)。英語については茶道ほど上達がわからないですが、読解力はついている…と信じます!

「量は質を変える」Quantity makes quality.
いい言葉ですね。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

ATOK辞書

先日、一太郎2017が発売になりました。
「詠太」という読み上げソフトが欲しかったのと、他の原稿も書きやすくなったという情報を入手したので、購入してみました。
その際のポイントがかなりたまっていたので、ATOKで使える辞書をいくつか買いました。

私が買ったのは、ロングマン英英/英和辞典 for ATOK、角川歳時記 for ATOK、角川類語辞典 for ATOKです。
まず、一太郎を買った時点で、ATOK用の辞書がいくつか入っています。入力段階でキーボードから手を離さずに、意味を表示することができるので、重宝しますね。

今回はそれにプラスする形で、歳時記と類語辞典、そしてLongman英英を入れました。
歳時記は、通常と同じく、文字変換時に表示されるのを待ちます。辞書を変更するにはEndキーをクリックします。

Longman英英も基本的には同じなのですが、日本語入力をオフにしていると使えません。変換ソフトなので、当たり前なのですが…ちょっと使いづらいかも。ここは少し改良していただきたいですね。

そして今回、楽しみにしていたのが類語辞典。
私はRuigo.jpを使っていますが、他の類語辞典も使ってみたかったので導入しました。
これも変換するのですが、入力時にCtrl+Tabキー。左手を駆使して検索します。キーボードから手が離れないのは同じなのですが、やはり使い勝手が少し違うので慣れるまでに時間がかかりそうです。

今回の辞書導入で一番気をつけようと思ったのは、自分がATOK辞書を導入したという意識を持つことでしょうか。
辞書を持っていてもすっかり忘れて引かなければ、意味がありません。特にこのATOK辞書はタイムラグが多少あります。急いで文字をタイプしていると、辞書が入っていること自体忘れてしまいます(現に、今の今まで、広辞苑が入っているのを忘れていました…。なんてこと…)。
翻訳者にとって辞書はついポチッとクリックで買ったまま、日常の仕事に流されて設定すら忘れがち。持っている資産を把握しなくては、買った意味がありませんしね。

これからはマウスに手を伸ばさずに、効率的な調べ物ができそうです。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。