ATOK辞書

先日、一太郎2017が発売になりました。
「詠太」という読み上げソフトが欲しかったのと、他の原稿も書きやすくなったという情報を入手したので、購入してみました。
その際のポイントがかなりたまっていたので、ATOKで使える辞書をいくつか買いました。

私が買ったのは、ロングマン英英/英和辞典 for ATOK、角川歳時記 for ATOK、角川類語辞典 for ATOKです。
まず、一太郎を買った時点で、ATOK用の辞書がいくつか入っています。入力段階でキーボードから手を離さずに、意味を表示することができるので、重宝しますね。

今回はそれにプラスする形で、歳時記と類語辞典、そしてLongman英英を入れました。
歳時記は、通常と同じく、文字変換時に表示されるのを待ちます。辞書を変更するにはEndキーをクリックします。

Longman英英も基本的には同じなのですが、日本語入力をオフにしていると使えません。変換ソフトなので、当たり前なのですが…ちょっと使いづらいかも。ここは少し改良していただきたいですね。

そして今回、楽しみにしていたのが類語辞典。
私はRuigo.jpを使っていますが、他の類語辞典も使ってみたかったので導入しました。
これも変換するのですが、入力時にCtrl+Tabキー。左手を駆使して検索します。キーボードから手が離れないのは同じなのですが、やはり使い勝手が少し違うので慣れるまでに時間がかかりそうです。

今回の辞書導入で一番気をつけようと思ったのは、自分がATOK辞書を導入したという意識を持つことでしょうか。
辞書を持っていてもすっかり忘れて引かなければ、意味がありません。特にこのATOK辞書はタイムラグが多少あります。急いで文字をタイプしていると、辞書が入っていること自体忘れてしまいます(現に、今の今まで、広辞苑が入っているのを忘れていました…。なんてこと…)。
翻訳者にとって辞書はついポチッとクリックで買ったまま、日常の仕事に流されて設定すら忘れがち。持っている資産を把握しなくては、買った意味がありませんしね。

これからはマウスに手を伸ばさずに、効率的な調べ物ができそうです。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告