日課の設定

英訳の案件では、ITと法務をプラスした分野での受注がほとんどです。
英訳は好きなのですが、毎日やらないと鈍る気がしました。使わないとダメなのは当然ですね。

少し話は逸れますが、通っている法学系予備校で、六法の音読をやるように、という通達が今年の夏以降にあるそうです。音読する法律は限られていますが、毎日やって、「リズムと音感」で条文を頭の中にたたき込むということです。
実は私も憲法については半年ほど毎日音読していたので、条文を一部変えている問題が出ると、「なんとなく音が違う」という感覚で解けるときがあります(音読だけでは解けない問題も多いですが…)。

文章というのは、感覚でモノにする部分が多かれ少なかれあるのではないでしょうか。
毎日ちょっとだけ翻訳の練習をする課題を自分に課していますが、最近、和訳と英訳を設定し直してみました。それと、音読ですね。文法や辞書といった論理的な考察と併せて、感覚を磨いていくことも重要な気がします。

社会人なので時間がとれないこともあります。なので、無理のない範囲で少しずつ、毎日やれる分量を設定しています。できるときでも、多くやり過ぎない。多くやったら、「昨日こんなにやったから今日はいいや」という怠慢な気持ちや、「昨日よりも多くやりたいな」という傲慢な気持ちが芽生えてしまって、どうもペースが崩れがちになります。コツコツ毎日、多少の差はあれど同じくらいの分量、というのが私にあった課題の進め方のようです。
とはいえ、このやり方も今だけかもしれませんし、しばらくして自分の弱い箇所が新たにわかってきたら、またやり方を変えるかもしれません。その時その時で、見直しながら課題を考えていきたいと思います。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告