法文を読む―辞書!②

法文を読んでいると、知っていると思っていても実は知らないことにぶつかります。
というより、知っていると思い込んでいるので、間違いを間違いと思わないのです。

たとえば、「社員」という単語。
本来ならば、会社の社員=従業員という意味合いで使われますね。

でも実は、会社法では「社員=株主」なんです。会社法に則って訳す場合は、株主の方が適切な場合もあります。株式会社では特に「株主」とする場合が多いようですが、ケースバイケースですね。

今回、こうした言葉と知識を補うため、こんな本を買ってみました。アーガイルの表紙がきれいな辞書です。

デイリー法学用語辞典(三省堂)

こちらで「社員」を引いてみると、定義を詳しく書いています(「従業員」とは書いていません)。

今、私が参加している講座では、「中学生でも知っている単語すら辞書で引く、をモットーにしましょう」と言われます。「『知っているからいいや』ではなくて、『合っているから次に行こう』という確認のために引くんです」と先生に言われました。なるほど、です。

最近、Japan Knowledgeのメンバーになり、「社員」が気になって調べてみました。
日本大百科全書には、法律上の用語としてトップに出てきました。
和英辞典もいくつか調べてみましたが、唯一それらしい記載が出てきたのは、ビジネス技術大辞典(いわゆる「うんのさんの辞書」)です。ただ、こちらも詳しい説明はありません。
(この辞書は、ビジネス系・技術系だけでなく、法務系にも強いです。私は迷ったら参考にしています。)

「社員」という簡単な単語でも、思わぬトラップがあるなあ、と実感しました。しかも大抵は、和英を引いて載っていたらそれが正解と思ってしまいます。でもこの単語については、日本語の定義自体が大事、ということですね。

だったらどこから読み解くのか。
やはり、専門知識と文脈のいずれかになると思います。
会社法の授業を取ったことがあるか、文脈の流れからおかしいと感じるか、です。ただ文脈といっても、短い文章だとおかしいと感じることができないかもしれません。できれば両方の知識と、どの辞書を見るかという経験値が重要なんでしょう。

今、ウェブ講座で会社法をやっていますが、とにかく長いんですね。全てを網羅することはできないので、重要箇所だけをかいつまんでやります、と先生も言われます。翻訳者としてはできるだけ網羅的にやりたいところですが…あとは自主的に書籍で勉強するしかないのかもしれません。

ちなみに、会社法は私法なので、民法と似た箇所が多くあります。
民法とセットで勉強すると、わかりやすいかも。

2017-05-30

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告