2018年の手帳-①

9月になりました。
来年の手帳は、9月から売り出しになるものが多いようですね。

私は毎年、手帳ジプシーをしています。大抵、年度途中で買い換えることに。もったいないことです・・・。

今年は夏になって、安くなった手帳を買って、使い勝手を比べてみました。
検討の結果、来年は久々にシステム手帳に戻ることにしました。
使い勝手が悪くなったら、中身を入れ替えることが簡単にできるので。
それと、私はいくつかのプロジェクトを同時進行させる癖がありまして。プロジェクトを終える度に、そしてライフスタイルを見直す度に、手帳の中身を変えることができるのは、システム手帳ならではです。

さて、来年のはFilofaxのClipbookにしました。
あえて、ビニール製のポップなデザインです。
大きく2種類あるようですが、こちらの方が劣化がわかりにくい気がしたので、選んでみました。

2冊にしたのは、仕事用メモと手帳に分けるためです。中身はDavinciにしました。薄いのに裏写りしにくい、という特徴は、万年筆スキーの私からすると魅力的です。

仕事用メモは、ニーモシネを使っていました。来年はこのピンクファイルに、LIFEを挟んで使います。

このClipbook、海外製だけあって、日本の規格とは少し違います。
インデックス用の「アソビ」(=マージン)がないんですね。これは薄々気付いてはいましたが、やはり微妙にはみ出します。

こんな感じ。几帳面な方は嫌かも。私はなにせジプシーなので、もう多少の不具合は気にしません! 概ね、自分のやりたいことができればいいや! という大雑把な気分でいます。

さて、今、私の手元には今年使った手帳がいくつかあります。次回はそれらを少しご紹介します。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告