2018年の手帳-⑤

今回は手帳についての番外編です。
前々から万年筆については語っていますが、最近のラインナップをご紹介します。

セーラー万年筆 プロカラー500 透明感万年筆(中細)
プロフィットST /ブラック 14金 万年筆(中細)

インクの濃淡が欲しかったのと、書き心地を重視したので、いずれも中細にしました。
インクは以前もご紹介した、STORIA。水に強いので、カフェなどでも気にせず書けます。

プロカラーとプロフィットはペン先の素材が違うので、同じ太さでもちょっとタッチが違う気がします。プロフィットの方がペン先が柔らかく開くので、若干ですが太くなりますね。迷いましたが、LIONという柔らかい色を使うことにしました。このラインナップでは、やはりプロフィットが一番気持ちよく書けます。
プロカラーは感触が固く、長く書き続けると肩が凝る気がします。特に薄い紙とは相性があまりよくないのですが・・・このあたりはまだ迷っているところです。手帳の紙を厚手のものにするかもしれません。

この紙は、maruman Spiral Noteです。marumanの紙はどれも上質で、量より質を意識し始めてからはmarumanを使うことが多くなりました。大人のクリエイティブ・マインドを刺激してくれる、素晴らしい商品が多くて大好きな会社です。

来年もしばらくはこのラインナップでいきたいと思います。
○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告