2018年の手帳-⑦

手帳本体がとんでもないことになったので、買い換えました。
今年からは革装A5サイズのシステム手帳です。
重たいです。家でゆっくりスケジュール確認をするための、備え付け用と化しそうです。
でも、お客様との打合せのようなフォーマルな場に行くときには、革装は「本気度」が出ますね(笑)。
(サイズ比較は眼鏡で。)

革のシステム手帳は、最初と最後にディバイダーを一枚ずついれることをおすすめします。最初と最後のページがぐずぐずにならないように。
このシステム手帳、重すぎて日常使いには向いていないのが難点。ちょっと中身を持って出たい時ってあります。そういうときは、こちらに入れ替えます。

六穴なのであくまでも手帳なのですが、ファイル感覚で使えます。私にとってルーズリーフは勉強用という認識なので、六穴だと勉強とは違う、という意識の切り替えができます。必要なところだけを入れて行くことができるので、楽ですね。
それと、クリアフォルダも入っているので、チケットやちょっとしたメモ、ぽち袋なども入れやすいです。

このプラ手帳、もう一つ色違いを持っています。
オレンジです。

これは、自分だけのプロジェクト用に使っています。
「スケジュール管理ではない」もので、パーソナルで使いたいけれど勉強とは違う、という位置付けの手帳ですね。
引き続き、ニーモシネも使っています。A4であれば、六穴パンチで穴を空けて半分に折って入れています。

今回、ご紹介したのはこちら。

本革システム手帳

A5サイズ 6穴 CRF-6H システムバインダー

手帳用 6穴パンチ

マルマン A5ニーモシネ 無地

マルマン A4ニーモシネ 無地

クリアの手帳は、最初と最後にディバイダーを入れる必要はなさそう、かな。
クリアフォルダは、A5の場合は縦方向に開いて、しっかり綴じることができるものがいいですね。メモなどを入れておく方は、書くときにガタガタしないように下敷き代わりのディバイダーがあると便利です。

皆さんも、お気に入りの手帳で新年のキックオフができますように。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告

気になる裁判-②

先日のコロラド州の裁判、判決が出ました。

https://www.npr.org/2017/12/05/568653522/supreme-court-sharply-divided-over-same-sex-wedding-cake-case

アメリカの小売業に直接関係あるとされ、注目度が高い判決でした。
皆さんはどう考えますか?

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。