【書籍案内】

法務系の予備校に通っていたとき、この本を買うように指示がありました。

改訂第3版 センター試験 現代社会の点数が面白いほどとれる本

いわゆる「センター用 現社」テキストですが、意外に役に立っています。

法務翻訳といっても、さまざまあります。
私はメディアのお仕事が多いのですが、契約書も判決文もあります。訳出の手法もそれぞれかなり異なるので、なかなか気が抜けません。
知識として、現代社会がどのような理論に基づいて動いているのか、を知るのは重要だと感じることが多い仕事ともいえます。

このテキストは翻訳の役に立つというわけではありませんが、間接的にバックアップしてくれます。

それから、こちらも。

英語で読む高校世界史 Japanese high school textbook of the WORLD HISTORY

法務のお仕事は様々な分野にまたがることが多いですね。
英語で一度頭の中に入れておくと、役に立つことがあります。純粋に読み物としても楽しいです。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告

段取りがすべて―②

さて、前回は「溶けキャン」を使ってみたよ、というところまででした。

いよいよ、お湯に浸けます。ウチは60度までしか蛇口で出せないので、最高温度でいきます。
飲む気満々のトッティから。

酔い潰れたトッティも。

本当につるんと溶けますが、私はしばらく放置していました。それから優しく手洗いしました。

仕上がりはこんな感じ。
麻のざっくりしたところが生きていますが、仕事ではあまり使えそうにないかも。プライベート用のハンカチですね。

以前から感じているのですが、こうした手芸やお料理など、手作業がほとんどを占める仕事は、段取りが大事です。今回は「溶けキャン」か「チャコペン」かで悩んだので、不手際が多くありました。また、糸の本数も悩みかけていた(ここは@aiccioさんにお知恵を拝借して即決でした)ので、もっと時間がかかった可能性もあります。

やるべきことを明確にすること、何をすべきかを考えること。
当たり前ですが、事前の想像力が必要ですね。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。