スピーカー

ふと思い立ち、今年、スピーカーを買い換えました。
以前はSONYの小さいスピーカーと、ヘッドホン、イヤホンを組み合わせて使っていました。

映像に関わるお仕事をしている方はご存知だと思いますが、再生デバイスというのは性能が良ければいいというものではありません。良すぎると、小さい雑音まで拾ってしまい、かえって聞き取りにくくなります。映像翻訳はスクリプトがないので、細かい音を拾うのも重要なファクターとなり、見逃せないポイントです。
ヘッドホンで聴き取れない場合はあえて性能の良くないスピーカーを使ってみると、聞き取れないところを脳が補うので、案外「聞き取れる」ことが多いんですね。

さて、私が使っていたのは、以下の機種です。

SRS-X1

今でも現役なので、仕事以外で使うことはあります。ただ、新しいスピーカーを買ってから、あまりにも「音を取りこぼすことがあるかも」と感じることが多くありました(実際にはヘッドホン、イヤホンで補強するので大丈夫なのですが)。
私は家の中ではヘッドホン、イヤホンを使わないので、やはりメインとなるスピーカーは性能のいいものを選びたい、と考えました。
音楽系に詳しいお友達に尋ねたところ、最近のスピーカーはそう高くなく、それなりのパフォーマンスを期待できるとのこと。再生元がデジタルであれば、パーツメーカーのものがいいという話でしたので、早速調べて買ってみました。

Creative Sound Blaster Roar Pro

音楽音響だとまた用途が異なるのですが、私は音楽より仕事重視であることと、デジタル素材のみを扱うことから、このスピーカーにしました。

また、このスピーカーの特徴は、アプリで音を制御できるという点にあります。
自分で調整しながら、人の声が自分の耳ではっきり聞き取れるよう、設定を保存できるんですね。
これはほんとうにありがたい!
もちろん、プリセットされている設定もいくつかありますので、そちらを試してみるということもできます。

デメリットとしては、ROARという機能を使うと、低音がやや響きすぎることでしょうか(もっとも、低音もアプリで調整できます)。
細かく設定を変えながら、聞き取れない箇所を何度も試してみる、というのもいいですね。
また、やや大きいスピーカーなので、持ち歩きには向いていません。
色は黒のみなので、多色から選びたい方は躊躇するかもしれませんね。

最近は映像関連をコンスタントに翻訳しているので、本当に心強い味方ができた、と思っています。

音楽に詳しい方からすると、慣らしを経るとマイルドな音になってくるということなので、その変化を楽しみにしています。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告