スピーカー

ふと思い立ち、今年、スピーカーを買い換えました。
以前はSONYの小さいスピーカーと、ヘッドホン、イヤホンを組み合わせて使っていました。

映像に関わるお仕事をしている方はご存知だと思いますが、再生デバイスというのは性能が良ければいいというものではありません。良すぎると、小さい雑音まで拾ってしまい、かえって聞き取りにくくなります。映像翻訳はスクリプトがないので、細かい音を拾うのも重要なファクターとなり、見逃せないポイントです。
ヘッドホンで聴き取れない場合はあえて性能の良くないスピーカーを使ってみると、聞き取れないところを脳が補うので、案外「聞き取れる」ことが多いんですね。

さて、私が使っていたのは、以下の機種です。

SRS-X1

今でも現役なので、仕事以外で使うことはあります。ただ、新しいスピーカーを買ってから、あまりにも「音を取りこぼすことがあるかも」と感じることが多くありました(実際にはヘッドホン、イヤホンで補強するので大丈夫なのですが)。
私は家の中ではヘッドホン、イヤホンを使わないので、やはりメインとなるスピーカーは性能のいいものを選びたい、と考えました。
音楽系に詳しいお友達に尋ねたところ、最近のスピーカーはそう高くなく、それなりのパフォーマンスを期待できるとのこと。再生元がデジタルであれば、パーツメーカーのものがいいという話でしたので、早速調べて買ってみました。

Creative Sound Blaster Roar Pro

音楽音響だとまた用途が異なるのですが、私は音楽より仕事重視であることと、デジタル素材のみを扱うことから、このスピーカーにしました。

また、このスピーカーの特徴は、アプリで音を制御できるという点にあります。
自分で調整しながら、人の声が自分の耳ではっきり聞き取れるよう、設定を保存できるんですね。
これはほんとうにありがたい!
もちろん、プリセットされている設定もいくつかありますので、そちらを試してみるということもできます。

デメリットとしては、ROARという機能を使うと、低音がやや響きすぎることでしょうか(もっとも、低音もアプリで調整できます)。
細かく設定を変えながら、聞き取れない箇所を何度も試してみる、というのもいいですね。
また、やや大きいスピーカーなので、持ち歩きには向いていません。
色は黒のみなので、多色から選びたい方は躊躇するかもしれませんね。

最近は映像関連をコンスタントに翻訳しているので、本当に心強い味方ができた、と思っています。

音楽に詳しい方からすると、慣らしを経るとマイルドな音になってくるということなので、その変化を楽しみにしています。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告

【書籍案内】日本 第10版と現古辞典

日本文化に関連する仕事をいくつか請けたので、以前から持っていた本の最新版を購入しました。

かつて、留学しようと準備していた時、この本を英語の先生からぜひにと薦められました。

かつての新日鉄だった時代から出版されている本です。

日本の風土、文化、科学、政治、社会問題など、あらゆる「日本の側面」をデータとともにコンパクトにまとめてあります。
左に日本語、右に英語というのも嬉しいところ。
知らなかった日本の側面が見えてくると思います。
また、日中版もあるので、中国語で読みたい方にもお薦めします。

現古辞典は、最近ちょっと問題を感じたことがあり、買ってみました。
契約書翻訳で安易なカタカナ語の多用が見られます。
私はなるべく日本語訳で表意文字にすることを心がけているのですが、だんだんトレンドから離れているのかな、と思う時もあります。でも、異なる分野の翻訳でも、「読者が意味を取り違える可能性のある翻訳」の根底に、カタカナ語の多用がある、という話を耳にしました。やはり気になる点はみんな同じなのか、と感じ入った次第です。

ということで、「そもそもこの語の意味は?」ということを知りたくなり、買ってみました。文庫サイズの小さい辞書です。
さっと目を通してみると、ベースにしているのはいわゆる「大和言葉」でした。現代的な契約書は日本では治期以降に発展しており、言葉として相容れないところもありますが、きっと役に立つと思いつつ。

いずれも積ん読にしないよう、「手に取って読む」ことを心に留めます。

※中身を撮っているので、日鉄住金さまには確認をとって掲載しました。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

ジャパンナレッジ

しばらく前に、ジャパンナレッジの会員になりました。
月々の支払は安くはないのですが、翻訳の仕事で使うかも、と思ったので入ってみました。

使い始めた頃は、ちょっとインターフェイスが使いづらいな、という感じがしました。今でも、やはり使いづらさは変わりません。

ただ、最近お仕事で使っていると、法律関連の用語がかなり詳しく解説してあってとても便利、ということに気付きました。
たとえば、「権原」。法曹関係者の方がよく「ケンバラ」と呼ぶこの単語、定義が曖昧で苦しむ語の一つですね。
今は民法もデジタル化されているので、検索すればいいのですが、ジャパンナレッジだと、「ケンバラ」が民法で出ている箇所とその解釈について、詳しく述べています。

また、「権利」についても、歴史的経緯も含めて記載してあります。「権利」という語も、契約書等に出てくると解釈が難しいときがあります。

正直、これは本当に便利です。
契約書翻訳はなかなか手強いものが多いですし、特に法律上の定義は重要です。しっかり辞書として定義してくれると、とても力強い味方になってくれますね。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

【書籍案内】

法務系の予備校に通っていたとき、この本を買うように指示がありました。

改訂第3版 センター試験 現代社会の点数が面白いほどとれる本

いわゆる「センター用 現社」テキストですが、意外に役に立っています。

法務翻訳といっても、さまざまあります。
私はメディアのお仕事が多いのですが、契約書も判決文もあります。訳出の手法もそれぞれかなり異なるので、なかなか気が抜けません。
知識として、現代社会がどのような理論に基づいて動いているのか、を知るのは重要だと感じることが多い仕事ともいえます。

このテキストは翻訳の役に立つというわけではありませんが、間接的にバックアップしてくれます。

それから、こちらも。

英語で読む高校世界史 Japanese high school textbook of the WORLD HISTORY

法務のお仕事は様々な分野にまたがることが多いですね。
英語で一度頭の中に入れておくと、役に立つことがあります。純粋に読み物としても楽しいです。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

段取りがすべて―②

さて、前回は「溶けキャン」を使ってみたよ、というところまででした。

いよいよ、お湯に浸けます。ウチは60度までしか蛇口で出せないので、最高温度でいきます。
飲む気満々のトッティから。

酔い潰れたトッティも。

本当につるんと溶けますが、私はしばらく放置していました。それから優しく手洗いしました。

仕上がりはこんな感じ。
麻のざっくりしたところが生きていますが、仕事ではあまり使えそうにないかも。プライベート用のハンカチですね。

以前から感じているのですが、こうした手芸やお料理など、手作業がほとんどを占める仕事は、段取りが大事です。今回は「溶けキャン」か「チャコペン」かで悩んだので、不手際が多くありました。また、糸の本数も悩みかけていた(ここは@aiccioさんにお知恵を拝借して即決でした)ので、もっと時間がかかった可能性もあります。

やるべきことを明確にすること、何をすべきかを考えること。
当たり前ですが、事前の想像力が必要ですね。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

段取りがすべて―①

どんな仕事にもいえることですが、段取りは大事です。
そしてツールの使いこなしも大事。お金はかかりますが、時間の節約ができ、新しい技術を学ぶことができます。

今回は、翻訳とはちょっと違う視点で、オールカラー(!)でお届けします。

バレンタインデーに合わせて、ハンカチに刺繍をしてみました。

用意したのは、チャコペン、溶けるクロスステッチキャンバス、麻のハンカチ。

毎度ながら、おたずねしたのはツイッターのフォロワーさん(@aiccio さん)です。
(図案もちょうだいしました。ありがとうございます!)

麻のハンカチどころか、クロスステッチキャンバス以外に刺繍するのは初だったので、まずは何ができるか考えてみました。
「抜きキャンパス」という商品もあるのですが、使いにくいというレビューを見たので、いったん「溶けるキャンバス」にしてみました。

でもこれ、ちょっとお高いのです。小さい刺繍ならいいけど、けちんぼなので、使い回してみようと思い立ちました。

「溶けるキャンバス」は、強度がそこそこあります。これをガイドにチャコペンで上から穴の位置を書いてみました。それからちくちく、始めてみました。
でも、「溶けキャン」がずれてしまって、穴の位置がバラバラ。わかります? この不揃いの穴・・・。
(ちなみに、チャコペンは百均の灰色を使ってみましたが、数百円するお高いペンがいいです。見やすいです。)

時間もかかりすぎていることから、もう「溶けキャン」を消費することにしました。
(このとき、ものすごく時間に追われていたのに、こんなに時間のかかることをやってしまって・・・私、本当に面倒な人・・・)

チャコペンを洗い流すのが手間だったので、そのままにして刺し始めます。
「溶けキャン」も「抜きキャン」も、きちんとしつけ糸で止めないとずれてしまいます。最初は下だけ軽く止めてみました。

今回のモチーフは、六つ子のトッティ。
@aiccio さんにお訊きして、糸の本数を調整してみました。
刺していると、やはり少しずつずれていきます。

ちょっとしたずれでしたが、仕上がりが気になったので、途中でしっかりしつけをかけました。
ちくちく、ちくちく。

酔い潰れたバージョンも。こっちは最初から「溶けキャン」を使っています。さすがのワタクシも学びました(笑)。

ということで、次回に続きます。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

親指シフト08-私の現状

以前より少しずつ報告している親指シフト、今はこんな感じで使っています。

東プレALL30gで、真ん中と中指、あとは間違えやすい箇所に少しふっくらしたステッカーを貼り付けています(女性向けの雑貨が充実している100均で購入しました)。感覚的に指先でわかるのは、道具として使いやすいですね。

ノートパソコンにもこのステッカーを貼ろうとしましたが、ちょっと断念しました。
キーボードと画面が近すぎて、ステッカーの表面で画面を傷つけそうだったので・・・。

いまのキーボード環境にはかなり満足なので、これからは英語の勉強に邁進します。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。