2018年の手帳-⑦

手帳本体がとんでもないことになったので、買い換えました。
今年からは革装A5サイズのシステム手帳です。
重たいです。家でゆっくりスケジュール確認をするための、備え付け用と化しそうです。
でも、お客様との打合せのようなフォーマルな場に行くときには、革装は「本気度」が出ますね(笑)。
(サイズ比較は眼鏡で。)

革のシステム手帳は、最初と最後にディバイダーを一枚ずついれることをおすすめします。最初と最後のページがぐずぐずにならないように。
このシステム手帳、重すぎて日常使いには向いていないのが難点。ちょっと中身を持って出たい時ってあります。そういうときは、こちらに入れ替えます。

六穴なのであくまでも手帳なのですが、ファイル感覚で使えます。私にとってルーズリーフは勉強用という認識なので、六穴だと勉強とは違う、という意識の切り替えができます。必要なところだけを入れて行くことができるので、楽ですね。
それと、クリアフォルダも入っているので、チケットやちょっとしたメモ、ぽち袋なども入れやすいです。

このプラ手帳、もう一つ色違いを持っています。
オレンジです。

これは、自分だけのプロジェクト用に使っています。
「スケジュール管理ではない」もので、パーソナルで使いたいけれど勉強とは違う、という位置付けの手帳ですね。
引き続き、ニーモシネも使っています。A4であれば、六穴パンチで穴を空けて半分に折って入れています。

今回、ご紹介したのはこちら。

本革システム手帳

A5サイズ 6穴 CRF-6H システムバインダー

手帳用 6穴パンチ

マルマン A5ニーモシネ 無地

マルマン A4ニーモシネ 無地

クリアの手帳は、最初と最後にディバイダーを入れる必要はなさそう、かな。
クリアフォルダは、A5の場合は縦方向に開いて、しっかり綴じることができるものがいいですね。メモなどを入れておく方は、書くときにガタガタしないように下敷き代わりのディバイダーがあると便利です。

皆さんも、お気に入りの手帳で新年のキックオフができますように。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告

気になる裁判-②

先日のコロラド州の裁判、判決が出ました。

https://www.npr.org/2017/12/05/568653522/supreme-court-sharply-divided-over-same-sex-wedding-cake-case

アメリカの小売業に直接関係あるとされ、注目度が高い判決でした。
皆さんはどう考えますか?

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

2018年の手帳-⑥

2018年の手帳は、これを使う予定でした。

ところが、です。
買ってまだ数ヶ月なのに、裂けてしまいました。

なんだか幸先の悪い感じがしましたので、さくっと買い換えました。
ピンクの方はまだ健在ですが、時間の問題のような気がしますね。
けっこう気に入っていたんですけど、残念。新しい手帳が届いたら、ご紹介します。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

2018年の手帳-⑤

今回は手帳についての番外編です。
前々から万年筆については語っていますが、最近のラインナップをご紹介します。

セーラー万年筆 プロカラー500 透明感万年筆(中細)
プロフィットST /ブラック 14金 万年筆(中細)

インクの濃淡が欲しかったのと、書き心地を重視したので、いずれも中細にしました。
インクは以前もご紹介した、STORIA。水に強いので、カフェなどでも気にせず書けます。

プロカラーとプロフィットはペン先の素材が違うので、同じ太さでもちょっとタッチが違う気がします。プロフィットの方がペン先が柔らかく開くので、若干ですが太くなりますね。迷いましたが、LIONという柔らかい色を使うことにしました。このラインナップでは、やはりプロフィットが一番気持ちよく書けます。
プロカラーは感触が固く、長く書き続けると肩が凝る気がします。特に薄い紙とは相性があまりよくないのですが・・・このあたりはまだ迷っているところです。手帳の紙を厚手のものにするかもしれません。

この紙は、maruman Spiral Noteです。marumanの紙はどれも上質で、量より質を意識し始めてからはmarumanを使うことが多くなりました。大人のクリエイティブ・マインドを刺激してくれる、素晴らしい商品が多くて大好きな会社です。

来年もしばらくはこのラインナップでいきたいと思います。
○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

気になる裁判-①

コロラド州である裁判が話題になっています。

FREE SPEECHは民主主義では必ず守られるべき権利ではあるのですが、他者の権利を害するかどうか、という点を「比較考量」することがよくあります。今回は、同性婚の人の権利と、ケーキ屋さんの「表現の自由」がバッティングしたケースですね。

日本の裁判ではありませんが、裁判の行方がとても気になります。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

2018年の手帳-④

手帳レビューの続きです。

A5・6穴のシステム手帳は、たっぷり書けるのが特徴です。
でも基本的にはWEBカレンダーで管理しているので、書く時は、ブレインスト―ミングをしたい時が多い気がします。
書き出して、スケジュールや空き時間を確認する、という手法ですね。
以前も書きましたが、日によっては使わない日もあるので、自分で日付を書き込むタイプにしています。

ダヴィンチ リフィル フリーデイリースケジュール

24時間しっかりあるので、時間が不規則な時も対応できます。
また、横のグリッドスペースでブレストをして、やるべきことをチェック欄に書き込むこともできます。

システム手帳は同じものを色違いで2冊使っています。一つはスケジュールや諸々のメモ用、もう一つは仕事専用です。手帳よりも大きいですし、ルーズリーフだとどうしてもバラバラにしてしまう癖がありまして…「手帳」という「型」があれば、バインダーも増えていかないかな、という目論見です。
でも一番いいのは断捨離のような気がしますね…。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

2018年の手帳-③

手帳の中身は、薄いものと分厚いものを一緒に使っています。
実は毎日、ちょっとした英語のトレーニングをしていて、そのディクテーションにこの手帳を使っているんです。毎日一枚は使うし、どうせスキャンして捨ててしまうのであまりいいものでなくていい。ということで、かなり薄いものを選択しました。

レイメイ藤井 ダヴィンチ リフィル 徳用ノート 無地 クリーム A5

薄いですが、万年筆のインクはギリギリ透けません。
ちなみに、万年筆のインクはこちら。

セーラー万年筆 万年筆 顔料ボトルインク ストーリア

前回の画像には、LIFEノートが入っていましたね。
あれは、「本気書き」の時ですので、あまり使っていません(笑)。
実は一番使い勝手がいいな、と思っているのは、このダヴィンチの徳用ノートと、こちらです。

能率 バインデックス システム手帳 リフィル ドット方眼メモ

万年筆の滑りがとてもよく、気持ちが乗ります。ドットが「書く気分」を邪魔しません。罫線は「縦もしくは横向きに文字を書く」ことに特化していますが、ドットだと図も文字も書きやすいです。欲を言えば、ドットがあと1ミリくらい広ければ・・・。と感じています。
今のところ、ちょっと使い勝手が悪いな、と感じているアイテムもありますが、そちらはもう少し使い方を検証してみてからレビューします。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。