スピーカー

ふと思い立ち、今年、スピーカーを買い換えました。
以前はSONYの小さいスピーカーと、ヘッドホン、イヤホンを組み合わせて使っていました。

映像に関わるお仕事をしている方はご存知だと思いますが、再生デバイスというのは性能が良ければいいというものではありません。良すぎると、小さい雑音まで拾ってしまい、かえって聞き取りにくくなります。映像翻訳はスクリプトがないので、細かい音を拾うのも重要なファクターとなり、見逃せないポイントです。
ヘッドホンで聴き取れない場合はあえて性能の良くないスピーカーを使ってみると、聞き取れないところを脳が補うので、案外「聞き取れる」ことが多いんですね。

さて、私が使っていたのは、以下の機種です。

SRS-X1

今でも現役なので、仕事以外で使うことはあります。ただ、新しいスピーカーを買ってから、あまりにも「音を取りこぼすことがあるかも」と感じることが多くありました(実際にはヘッドホン、イヤホンで補強するので大丈夫なのですが)。
私は家の中ではヘッドホン、イヤホンを使わないので、やはりメインとなるスピーカーは性能のいいものを選びたい、と考えました。
音楽系に詳しいお友達に尋ねたところ、最近のスピーカーはそう高くなく、それなりのパフォーマンスを期待できるとのこと。再生元がデジタルであれば、パーツメーカーのものがいいという話でしたので、早速調べて買ってみました。

Creative Sound Blaster Roar Pro

音楽音響だとまた用途が異なるのですが、私は音楽より仕事重視であることと、デジタル素材のみを扱うことから、このスピーカーにしました。

また、このスピーカーの特徴は、アプリで音を制御できるという点にあります。
自分で調整しながら、人の声が自分の耳ではっきり聞き取れるよう、設定を保存できるんですね。
これはほんとうにありがたい!
もちろん、プリセットされている設定もいくつかありますので、そちらを試してみるということもできます。

デメリットとしては、ROARという機能を使うと、低音がやや響きすぎることでしょうか(もっとも、低音もアプリで調整できます)。
細かく設定を変えながら、聞き取れない箇所を何度も試してみる、というのもいいですね。
また、やや大きいスピーカーなので、持ち歩きには向いていません。
色は黒のみなので、多色から選びたい方は躊躇するかもしれませんね。

最近は映像関連をコンスタントに翻訳しているので、本当に心強い味方ができた、と思っています。

音楽に詳しい方からすると、慣らしを経るとマイルドな音になってくるということなので、その変化を楽しみにしています。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

広告

【レポート】TORAELさんの講座

先日、以前もご紹介したTORAELさんという会社の講座を受講してきました。
2日でウォールストリート・ジャーナルを読めるようになる、ということなのですが・・・
正直、半信半疑でした。
なにせ2日ですからねえ・・・

場所は東京都内のオフィスの一室です。
会議室での開催でしたが、後ろにはこんな無料のコーヒーとお菓子が!
はい、調子にのっていただいてきました。

研修1
研修1

さて、講座の内容ですが、ペンを使って英文を色分けしていくという手法です。
言われるがままに作業をすると、英文の骨子が見えてきます。
すると、あらふしぎ。複雑だった文章がすっきり見えてきます。
演習もたっぷり用意されているので、たった2日でも大丈夫。複雑なWSJの英文を読めるようになります。

研修2
研修2

この講座を受講するには、以下を念頭に置くといいかも、と思いました。

・5文型と前置詞(ベーシックな用法のみで可)を知っていること
・演習が必要(量をこなして手法を身につける必要があります)
・アウトプット(書く・話す)は別のトレーニングが必要

5文型は色々と批判もあるようですが、やはり日本の英語教育の要です。この講座でも、5文型と前置詞は重要視していますので、先におさらいしておくといい気がします。

当たり前ですが、演習をたっぷりやらないと、身につきません。これはどんなことをやるにしても、ついてきます。Quantity makes quality!ですね。

アウトプットについては、この手法で基礎を構築しておくと、かなりスムーズだと思います。
リスニングやスピーキングも、飛躍的に伸びそうです。
アウトプットは、質のいいインプットが一定量なければできません。
リスニングができないと、話すことはできません。読めないと書けません。とにかくインプットがなければ、語学の第一歩は踏み出せないのです。

そして、講習中の演習はブートキャンプ並みです(笑)。
フォローアップ教材(一部有料)もあるとのことでしたので、受講後も自宅で地道に練習できます。

ちょっと大変ですが、そしてご参考になったかどうか自信がないのですが、ぜひ受講してみてください。

TORAELさんのサイトは、こちらから。

いつも真剣勝負で

今回は、以前、「おお!」と感じた言葉をご紹介します。

ギャラリーでも触れたことのある、秋山真志(「職業外伝」著者)さんはとても言葉を大事にされる方です。
秋山さんは常に「自分が書くべきこと」「自分だからこそ書けること」を念頭に置いて、お仕事に向き合っています。
彼の言葉の中でも、私の心を打ったのはこちらです(ご本人の承諾を得て、過去の文章から抜粋しています)。

—★—・・・—★—・・・—★—・・・—★—・・・—★—・・・—★—・・・

大体、作家と編集者というのは「命のやり取り」をするのである。作家を見ると、部数をはじき出す編集者や営業の顔色ばかり窺っている編集者がいるが、ぼくはそんな相手とは「命のやり取り」をしたくない。真剣勝負なのである。

—★—・・・—★—・・・—★—・・・—★—・・・—★—・・・—★—・・・

翻訳者も、一回が「真剣勝負」です。でも、自分の仕事を振り返ってみて、思いました。

自分の仕事で、「命のやり取り」をしているかな?

作家さんと編集者という関係は世間的にはとても特殊のようですが、翻訳者も文章を練る仕事です。どこかで「自分の命をこの仕事に吹き込んでいるか?」「命のやり取りをしているか?」と意識しなければ、いつまでも三流の仕事しかできないのでは?と感じました。

なにを大げさな、とお思いの方もいるかもしれませんが、言葉ひとつで人生は大きく変わるもの。特に文章で商売をしているのならなおさらです。
真剣勝負で翻訳と言葉に向き合うという気概を、自分に対して常に問いかけよう、と思いました。

秋山さんの著書、「職業外伝」は、過去の職業の方にじっくり向き合った名著です。
私は大事に少しずつ、味わいながら読んでいます。
今はなくなりつつある職業を偲びながら。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

【お仕事紹介】ギリシャ大使と

先日、TORAELさまのお仕事で、ギリシャ大使とお目にかかりました。

「ギリシャを売り込むビジネスマン」として、奮闘してらっしゃいます。

地中海やギリシャの政治・経済・歴史にいたるまで、とてもお詳しく、私はお話を伺うだけで精一杯でした。

今回、私はTORAELさまの教材に使用するインタビューを担当しましたが、リリースは少し先になります。

私も今から楽しみにしています。

ところで、TORAELさまのトレーニングは、2日でウォールストリート・ジャーナルを読みこなすことができる、というものです。語学での苦労はまだまだ続く私なので、これはちょっと驚きです。今度、トレーニングに少し参加させていただけそうなので、こちらも楽しみです。

2016-06-14

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。