法文を読む―意外な特技②

ところで、私は昔、ピアノを習っていました。
あまり上達しませんでしたし、もうピアノ自体に触ることもないので、完全に過去のものとなってしまいました・・・。

英語を必死でやっていたとき、読みがスムーズにできなくて試行錯誤したことがあります。
早く読めるようになったのは、ピアノの先生に教わった技法(?)です。

「自分が弾いている箇所よりも、数小節先を目で追いましょう」

ピアノを習っていたときはあまり気付いていなかったのですが、自分が弾いているちょうどその箇所を見ても、次を見越せないので結局詰まってしまうんですね。
目だけが先に動いていると、脳も先に反応しているので、つまづかない。

これはピアノをやっている人だけができるわけではなく、おそらく誰でも少し練習すればできることなんだと思います。

自分が英語を学習していたときの気持ちを思いだして、少し先に目を進めながら法文を読むと、すらすらいける!
時間もかなり短縮できました。素読自体はやっぱり苦しいのですが、「やったらできた!」という感覚を掴むことができると、前に進む動力源になります。

もし「音読が苦手」という方がいらっしゃったら、試してみてはいかがでしょうか。

それにしても、過去のお稽古事がこんな風に役に立つって意外です。
これについては、もう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

次回に続く。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

法文を読む―意外な特技①

私が通っている法学系の予備校では、条文の素読をします。
もちろん授業でやるわけではなく、各自が家でやるように言われています。

なにをするかというと、とにかく音読をします。
指定された法律の条文を淡々と読むのですが、だいたい40分程度になります。毎日、とにかく修行のように40分、読み続けます。
まるで英語の勉強のよう。少ない時間をやりくりする中での根性を要求される学習法で、音を上げそうになります。

最初はなかなかスムーズに読めませんでした。
「日本語なのにおかしいな・・・」と思ったのが、改善に乗り出す気になった最初のとっかかりでした。
日本語でこれだけつまずきながら読んでしまうというのは、法文だから? あまり使わない文章の羅列で、自分がついていってないから?
あまりにもつまずくので、いろいろと考えてしまいました。

でも、やはり日本語でつまずくのはおかしい。もしかして英語も下手になっている?
そう思い立ち、英語を読んでみたところ、やはり少しつまずいてしまう。下手になっているなあ、と実感した次第です。

でも、英語は読んでいると感覚が戻ってきました。条文はもどかしいような独特の日本語なので、今までかなりの判例を読んでいるようでも素読すると如実に苦手意識がでるのかな、などとも考えてみました。

分析した結論からいうと、やはり読み方にポイントがありました。

次回に続く。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

大法廷と小法廷の意義

ご存知のとおり、最高裁判決は日本でも一番効力のある判決です。
でも、その最高裁にも大法廷と小法廷がある、というのは一般的にご存じない方も多いようです。

大法廷は15人の合議体です。大して小法廷は5人。この差は大きいですね。
また、公平な審理のため、諮問委員会を発足し、学識経験者、検察官などが委員として答申にあたります。これも大きな違いです。

国民にとって最高裁判決は重要な決定です。でも時代と共に古くなる判決もあります。過去の最高裁判決(憲法は戦後なので最高裁判決、民法については明治期からの判決を含むので、大審院判決)を覆す判決は非常に重たいもの。そのような過去長きにわたって有効とされてきた判決を覆す場合には、大法廷を開きます(他にも大法廷を開く理由は多々ありますが、ここでは割愛します)。

裏を返すと、そのように最高裁判決まで進んだ事案を覆すような判決というのは、なかなか存在しません。似た案件は数多くありますが、大くは今まで出た判決から答えが導き出せます。ですから、大法廷判決そのものの絶対数が少なく、なおのこと価値を増すといえます。

最高裁判決が出たときは、大法廷か小法廷かに注目してみるのが、法曹関係者の基本的なスタンスですね。いずれもすぐには変更はされませんが、小法廷ならしばらく経ったら覆る判決が出る場合もあります。一方、大法廷だと覆る可能性はまずありません。少なくとも数十年間は。
大法廷判決はそれほどに効力を発揮し、司法の考え方の筋道をつけているといえます。

あるタレントさんが「最高裁まで闘います!」とおっしゃっているようですが・・・離婚訴訟で最高裁というのはちょっとないかな・・・。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。

理想を語る、現実を知る

憲法には、「プログラム規定」という説があり、一部条文についてはこの「プログラム規定」が適用されるとして解釈されます。

「プログラム規定」とは、「将来、みんなでこのようになれるといいね!」という理想像を語っているものです。もちろん、この条文を一から打ち壊すことは憲法違反となり得ますが、「理想像」に従わないからといって罰則をむやみに与えることはできないのです。
社会がどこに向かうべきかを明文化しているので、迷うときには読んでみるといいと思います(私は特に前文が好きです)。

さて、このところ、政治家の行動が違憲ではないかと取り沙汰されています。
憲法は「プログラム規定説」のように「理想を語る」側面があるため、個別具体的なことを規定してはいません。特に人権条項については、ふわりとしたイメージで記載しているだけです(統治条項はそれなりに詳しく規定していますが)。

そこで重要になってくるのが、過去の判例です。
日本の法律解釈は、判例主義をとっている側面もあり、今までの判例がどう積み重なってきたか、がポイントです。特に最高裁まで進んだ判決については、「日本がこれからどう進むか」を規定しています。時に最高裁でも「これはちょっと・・・」と思うような判決を出すこともあり、争いがあるのも否めません(ちなみに、一審判決の方が庶民感情に即した判決を出す傾向にあるとも言われていますね)。

判決文は長くて読みづらいのですが、判旨も出ていますので、気になることがあったら過去の判例を探してみてはどうでしょうか。

○o。+..:*○ マド ○o。+..:*○

クリックで画像表示されます。
連打OK。10種類。